• 片方だけほうれい線が目立つ人はふだんのくせを見直す

    なんだか顔が老けて見えてしまうとき、ほうれい線が以前よりもくっきりと目立つようになっていることに気付く人は少なくありません。ほうれい線は、顔にできるしわの中でもかなり大きくて目立つしわです。



    このしわが出来てしまうことで、確実に顔の印象が老けて見えてしまいます。

    顔の筋肉の衰えによって頬の肉などがたるんでしまうことが最大の原因です。このシワは通常は鼻の横から口のワキの部分にかけて左右対称に斜めにできる大きなしわなのが特徴ですが、特に片方のしわだけが目立つという人は毎日の生活の中で無意識に行っているくせがあることが少なくありません。
    例えば夜寝るときにいつも同じ方向を向いて寝ている人。



    これは、毎日同じ側の頬にいつの間にか圧力をかけて、ほうれい線を作ってしまう原因になります。

    朝起きたときに片方だけこのしわが目立つという人は横向きで同じ方を向いて寝ている可能性が高いと言えます。次にものを食べるときにいつも左右どちらかの決まった側でばかり噛むくせがある人も、いつも噛んでいるほうの筋肉だけが発達してしまい、顔のゆがみが生まれ、噛み癖がある側のほうれい線だけが深くなります。

    鏡を見ながら笑ったときに、口角の高さが違う場合はこの噛み癖が原因の可能性があります。

    また、頬杖をつくことも顔の片側だけに圧力をかけて、顔の重心が片方によってしわが出来やすくなる原因を作ります。



    これらのくせは無意識のうちに行っているものが多いので、気付いたらすぐに改めるように意識するだけでも、ほうれい線を悪化させないために効果があります。