• 老け顔を作るほうれい線、その対策

    ほうれい線とは、小鼻の脇から唇の端まで伸びる線=シワのことです。
    若いうちはあっても笑いジワの一種と思われるので良いのですが、年齢と共に顔がたるんで来て出来るタイプの線は、老け顔を作る主犯と言って良いでしょう。実際、子供が女性の顔を見て「おばさん」「おねえさん」の判断をする時、このほうれい線が深く刻まれているかどうかが大きく関係する様です。
    ほうれい線を予防したい方は、まず肌のお手入れから始めましょう。
    肌のたるみは水分不足や浴びる紫外線量に大きく関係します。

    化粧水や美容液などで肌に十分な水分を与え、肌にハリを復活させましょう。

    また日焼けによって肌に更なるダメージを与えないために、日頃から日焼け止めをこまめに塗り、肌の老化を防ぎましょう。

    ほうれい線は、普段あまり顔を動かさないことによって顔がたるんで来て出来る場合もあります。
    顔や頭皮のマッサージをする時に、顔のストレッチもするとより効果的です。
    出来てしまっている線を薄くしたい場合は、頬の内側からするマッサージが有効です。



    片方の親指を反対側の?の内側に入れ、他4本の指は?の外側に置き、?をまんべんなくマッサージする方法もありますが、もっと簡単な方法もあります。



    ?の内側を舌でマッサージするのです。
    ほうれい線があるその裏側を舌でアイロンをかける様になぞります。



    この方法ならば、わざわざ鏡の前に立って行う必要がなく、仕事中やテレビを観ている時に行うことが出来るので、気軽に出来る対策として好まれている様です。