• ほうれい線を防ぐ方法とは

    いつまでも若々しくありたいと願う方も、多いのではないでしょうか。

    実際の年齢を変える事は出来ませんが、見た目の年齢はしっかりとケアを行えば変える事が可能です。

    特に顔にほうれい線など深いシワを、作らないように心がければ、見た目年齢はグッと若くなるでしょう。
    ほうれい線を作らせない為には、まず紫外線対策を十分に行う事が大切です。



    紫外線とシワ、あまり関係ないように思われる組み合わせですが、実は大きく関係しています。地上に降り注ぐ紫外線の中には、肌の奥深くにまでダメージを与える種類があります。肌の奥にはコラーゲンやエラスチンといった、肌にハリや弾力をもたらす物質があるのですが、紫外線を浴びるとそれらがダメージにより、壊れてしまうのです。



    すると、肌にたるみが生じ、結果的に深いシワが出来てしまいます。



    ですので、日焼け止めなどでまずは紫外線から肌を守るケアを行いましょう。ほうれい線予防の為には、毎日SPF35程度、PA+++程度の日焼け止めがお勧めです。紫外線対策以外にも、運動をする事で予防に繋がります。加齢と共に「成長ホルモン」というホルモンの分泌量は、どんどん低下すると言われています。


    成長ホルモンは、コラーゲンやエラスチンを作り出す作用があるので、少なくなってしまうとシワが出来やすくなってしまうのです。

    運動すると、成長ホルモンの分泌をアップする効果が期待できます。


    また、血行が良くなり肌細胞にも栄養素が行き渡りやすくなる事から、運動で深いシワの予防が出来ると考えられています。


    ただ、激しい運動は活性酸素を増加させ、かえって肌の老化を促進させてしまうので注意しましょう。

    アンチエイジング目的であれば、血行が良くなる程度のウォーキングで十分効果的です。